クレジット決済を自分で導入する

自力で導入する

クレジット会社の審査

クレジット会社からすると信頼性のある会社ではないと困りますよね。
もし悪質な会社と契約してしまって、多額の決済した後にその会社から代金の支払いがなければ大変なことです。

実店舗でもネット店舗でも関係なく審査基準は高く、書類を出したからと言ってすぐに通るものではありません。
企業の経営状態や売上に関して健全かどうか見られるため、規模が小さい会社や資金繰りがよくない会社は通りにくいです。
また審査が通りにくい業種もあります。
審査が通りにくいかどうかの業種は、高額な金額をクレジット決済を希望するお客さんが多い傾向にあるようです。

ですので、ネット販売も、大企業が開いているものはある程度通りやすい面もありますが、個人事業でしているような会社で、安定的な売上が証明できないような会社で審査を通すのは難しいです。

決済システム、セキュリティ対策、入金業務

審査基準をクリアできても、他にも達成しなければならないことがあります。
それが決済システムの導入と、セキュリティ対策を万全にすることです。

決済システムはクレジットカード会社ごとに基準があるので、複数のクレジットカード会社と契約したい場合、複数のシステムを構築する必要があります。

このシステムだけでも大変ですが、重要な個人情報を扱うことになるのでセキュリティ対策も必要になります。
セキュリティ対策も、ただしっかりしていればいいわけでなく、各クレジット会社の基準を満たす必要があります。
作った後に各会社の基準に合っているか確認しましょう。

もう1つ、入金業務も各クレジットカード会社ごとに対応しなければいけません。
入金日が会社ごとに違うこともあり、事務処理も多くなってしまいます。


この記事をシェアする