クレジット決済を自分で導入する

代行会社にお願いする

代行業者にお願いすると

決済代行会社はいくつかのクレジット会社と契約しています。
クレジット決済導入を考える企業や個人に代わって、クレジットカード会社と手続をしてくれますし、希望によっては複数のクレジットカード会社を使えるようにしてくれます。
審査に必要な手続きや決済システムの開発、セキュリティ対策の開発や運営に関しても心配いりません。
そして決済に必要になるカード会社への支払いや入金業務もやってくれます。

また決済システムやセキュリティ対策を整えるとコストも時間もかかりますが、それも代行会社が持っているものを使えます。
なので、必要に応じて選ぶとよいでしょう。

代行会社によって、クレジット会社との契約手続き全部をする所と、決済処理だけしてくれる所とがあります。

メリット

1つは、代行業者を使うことで、複数のクレジットカード会社の決済を利用できるようになるというメリットです。
お客さんにとってもいろんな会社が使える方が便利ですし、せっかく買いたいと思っていた人がいても「持ってるカードが使えない!」となると、もしかしたら購入をやめてしまうかもしれません。
ネット販売をするならできる限りいろんなクレジットカード会社で決済できるようにしておきましょう。

2つ目は、開発や運営のコストを抑えることができます。
決済システムを作らないといけないのですが、それはクレジットカード会社ごとに作る必要があります。
自力で導入となると時間もコストもかかってしまいますが、代行会社を使うとそういったことも抑えることができます。


この記事をシェアする